HOME > 合格者の声 > 安齋 希美 氏(OSS-DB Silver 認定者)

合格者の声

Yahoo!ブックマークに登録

スキル次第で大きな成果を挙げることができるのがオープンソースデータベースの醍醐味 OSS-DB技術者認定資格はDBエンジニアの信頼の証

安齋 希美 (OSS-DB Silver 認定者)
SRA OSS, Inc. 日本支社 技術開発部 チーフエンジニア

大学は外国語学部で文系出身ですが、現在はOSSのデータベースエンジニアとして活躍される安齋さん。
データベースエンジニアとしてスキルアップを図る上で、格好の目標として、OSS-DB Silverの取得を目指し、見事合格されました。

01|学生時代からのWebサービスへの興味が高じてOSSの世界へ

Q 現在ご担当されている仕事の内容についてお聞かせください

当社は、オープンソースソフトウェア全般を扱っていますが、特にLinuxおよび「PostgreSQL」を中心としたシステムのコンサルタントやサポート、トレーニングに注力して提供しています。

PostgreSQLとは、ライセンスにより配布されているオープンソースの「オブジェクト関係データベース管理システム(ORDBMS)」のことです。

私は新卒で2007年の4月にSRAに入社した後、同年の7月からSRA OSSにデータベースエンジニアとして出向し、今年で入社5年目になります。今年度からオープンソースのサポートだけでなく、自分たちで開発を行う技術開発部に配属になりました。今後は、PostgreSQLのミドルウェア「pgpool-II」の開発を担当することになっています。これまであまり経験のない開発分野なので、いまは基礎的なプロファイリングなどを勉強しているところです。

Q 学生時代からエンジニアをめざしていたのですか

大学は外国語学部で文系出身だったのですが、学生のころからパソコンや携帯電話など、新しいデバイスが好きでした。また、Webサービスにも興味があって、デザイナーにはなれないまでもコーダーにでもなりたいと考え、IT系企業でテストデータを作るアルバイトをしていました。

ただ、その作業自体は、あまり面白いものではなかったので、システムを作る側の仕事がしたいと思っていました。Linuxは、オープンソースという特性から、一般人にも立ち入れる領域というか、本業だけでなく趣味でもできますし、会社を辞めてからも続けられると思って始めたのがきっかけです。

Q オープンソースデータベースの魅力とは何ですか

入社まもなく、PostgreSQLの研修があり、そのときデータベースが、ほんのちょっとの短いコマンドで、簡単に結果が出たり、多くの命令を出せることを知り、とても興味を持ちました。

データベースは、システムの中核にあたるレイヤーの深い位置にあるため、全体像が見えにくい分野で、しかも特化した知識や技術のスキルが必要になります。しかし、システムのプログラムを変えてもそれほどパワーアップは期待できないのに対して、データベースは、ほんのちょっと設定を変えるだけで性能が何倍にも上がります。それだけに少し勉強すればすごいことができるかもしれないと感じました。それがデータベースエンジニアを選ぶきっかけになりました。

それに、データベースは、Webサービスとも深く関係があります。膨大な数のユーザ接続をさばく超大規模サービスWebサイトの運営を支えているのは、データベース技術です。その意味でも学生時代にやりたかったことに近づいている感じがしました。

オープンソースであるPostgreSQLベースのプロダクトでは、本体ソースコードを読むだけでなく、最終的には、自分たちが改良したソースコードをPostgreSQLのコミッターに提案するのが、チーム全員の目標でもあります。また、商用のデータベースでは、たとえその製品を使い、勉強してプロになったところで、その製品を提供している会社に入社でもしない限り、ソースを自由に改良することはできません。しかしPostgreSQLなら、自らがコミッターとなって開発の成果を採用し、改良することも可能です。

私は、現在いるコミッターやPostgreSQLの創生期からいる開発者の人たちと、カンファレンスなどでいっしょに仕事をすることもありました。そういう人たちに会えることもオープンソースの世界の面白さだと感じます。

ページトップへ