HOME > 合格者の声 > 白井 亮 氏(OSS-DB Gold 認定者)

合格者の声

Yahoo!ブックマークに登録

OSS-DB Gold 最高得点 文系出身の中堅エンジニア チームプレーがやりがい

白井 亮 (OSS-DB Gold 認定者)
株式会社NTTデータ 公共システム事業本部 主任

白井さんは官公庁の情報システムに携わるシステムエンジニアです。OSS-DB Gold試験に、歴代最高得点(2014年10月時点)で合格。文系出身からPostgreSQLのプロフェッショナルになるまでの道のりなどをおうかがいしました。

01|社会に役立つシステムをチームワークで構築する

白井さんは現在入社8年目の中堅エンジニア。2013年6月にOSS-DB Goldの認定を取得し、データベースのプロフェッショナルとして周囲から頼られる存在です。しかし実は文系出身。入社当時はWordにも手こずるほどIT知識はゼロからのスタートだったそうです。

業務は入社当初から官公庁向けシステムに携わっています。プロジェクト管理チームやアプリケーション開発を経て、4年目からはデータベースの設計や構築も担当するようになりました。当時「自分の強みとなるポータブルスキル(汎用性の高いスキル・専門分野)を持ちたい」と考え上司と相談するなどして、データベースに注力するようになりました。

業務で扱うデータベースはもっぱらPostgreSQL。官公庁の業務アプリケーションとして採用されて久しく、白井さんが担当するシステムではすでに2度ほどの刷新を経て安定運用をしています。

ページトップへ