HOME > 合格者の声 > 石井 愛弓 氏(OSS-DB Gold 認定者)

合格者の声

新人でOSS-DB Gold合格 将来はスペシャリストとなり PostgreSQLを普及させたい

石井 愛弓 (OSS-DB Gold 認定者)
株式会社NTTデータ システム技術本部

NTTデータ 石井愛弓さんは入社前からデータベースの知識や経験が豊富で、入社1年目でOSS-DB Goldに合格。今は業務でPostgreSQLの技術支援を行いながら、PostgreSQLの普及に尽力しています。

01|商用データベースとの比較検証で重要なのは「要件を見つめ直すこと」

石井さんはまだ入社3年目の若手。もともとデータベースに詳しく、PostgreSQLをメインとした技術支援チームに配属しています。現場に出ることもありますが、基本的には現場からのデータベースに関連した問い合わせに対して調査し、回答するのが仕事です。

例えば「話題の新機能を使うにはどうするか」、「顧客の要件を満たすには具体的にどの技術で実現するのが最適か」。技術の一般論ではなく実際の顧客環境を踏まえた上で最適解を考えます。新機能を使うためにPostgreSQLをバージョンアップしたら現在稼働しているシステムに影響はないかも調べます。

時には商用データベースとPostgreSQLで性能比較検証することもあります。商用データベースを稼働させている環境でPostgreSQLへ移行した場合、実業務に問題ない性能を出せるかを検証するのです。

商用データベースからPostgreSQLへの移行は多くの企業にとって関心が高いテーマです。ライセンスコストが下がることは明確であるものの、機能や性能で要件が満たせなくなる、あるいは移行や運用など別のコストが増えてしまうと本末転倒となってしまいます。要件が満たせて、追加で発生するコストを抑えるにはどんな方法があるかと検討していく必要があります。

石井さんは「現在のPostgreSQLは商用データベースと比べてひけをとらない」と見ています。ただし違うソフトウェアなので、全く同じ事はできません。例えばOracle DatabaseのReal Application Clusters(RAC)はOracle Databaseの独自機能なので、当然PostgreSQLにはありません。しかしRACの使用目的が可用性を高めるためであれば、PostgreSQLのストリーミングレプリケーションなどで代替することも可能です。本当に実現したいことは何か、性能の許容範囲はどこまでかを明確にすることなど、石井さんは「要件を見つめ直すことが大切です」と言います。

ページトップへ