HOME > 受験対策 > サンプル問題/例題解説 > Goldの例題解説「性能監視」 > アクセス統計情報

Goldの例題解説「性能監視 - アクセス統計情報」

今回は、Goldの「性能監視 - アクセス統計情報」からの出題です。

例題

pg_locksビューによって確認することが可能なロックの対象となるオブジェクトを全て選択しなさい。
  1. A. データベース
  2. B. リレーション
  3. C. タプル
  4. D. カラム
  5. E. パラメータ

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

解答は、BとCです。

ロック対象となるオブジェクト(locktype列)の種類は、以下の通りです。

relation、 extend、 page、 tuple、 transactionid、 virtualxid、 object、userlock、 advisory

この情報はロック競合の原因を特定する際に役立ちます。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。
  • 例題解説の提供:LPI-Japanビジネスパートナー 株式会社メトロシステムズ OSS-DB Gold 認定者 岡野 慎也 氏

ページトップへ