HOME > 受験対策 > サンプル問題/例題解説 > Goldの例題解説「運用管理」 > 運用管理用コマンド全般

Goldの例題解説「運用管理 - 運用管理用コマンド全般」

今回は、Goldの「運用管理 - 運用管理用コマンド全般」からの出題です。

例題

バックアップに関して正しいものをすべて選択しなさい。
  1. A. 通常はフルバックアップを取得するよりも、pg_basebackupによって更新差分を取得する方が処理時間は短い。
  2. B. recovery_target_timelineをデフォルト値で使用すると、ベースバックアップが取得された際のタイムラインへ回復する。
  3. C. pg_dumpコマンドによってpsqlコマンドでリストア可能な形式として出力したバックアップファイルには、データベースを作成するSQLコマンドも含まれている。
  4. D. pg_dumpコマンドも、pg_restoreコマンドも並列実行することが可能であり、複数のデータベースのバックアップ・リストア処理を行う際は高速化が図れる。
  5. E. pg_restoreコマンドで--encodingオプションを使用すると、sjisで作成したダンプファイルをUTF8でリストアすることができる。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

A. pg_basebackupでは常にデータベースクラスタ全体のバックアップを取得します。

B. 正解です。

C. 正解です。

D. 正解です。

E. pg_restoreコマンドにencodingオプションはありません。

従って、正解はB,C,Dです。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。
  • 例題解説の提供:LPI-Japanビジネスパートナー 株式会社メトロシステムズ OSS-DB Gold 認定者 岡野 慎也 氏

ページトップへ