HOME > 受験対策 > サンプル問題/例題解説 > Silverの例題解説「開発/SQL」 > SQLコマンド(テーブル定義)

Silverの例題解説「開発/SQL - SQLコマンド(テーブル定義)」

今回は、Silverの「開発/SQL - SQLコマンド(テーブル定義)」からの出題です。

例題

外部キー制約を含むテーブルを定義する以下のSQL文で、空欄に入るキーワードは何か。

CREATE TABLE test1 (
id INTEGER,
id2 INTEGER ______ test2 (id),
val TEXT);

  1. A. FOREIGN KEY
  2. B. EXTERNAL KEY
  3. C. REFERS TO
  4. D. REFERENCES
  5. E. MATCHES

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

外部キー制約の定義は、列の制約として記述する方法と、テーブルの制約として記述する方法があります。
例題は列の制約として記述する方法で、列名と列のデータ型を定義した後で、列制約を
REFERENCES 参照先テーブル名 (参照列)
という形式で指定します。
テーブルの制約として記述する場合は、すべての列の定義の後に
FOREIGN KEY (自テーブルの列) REFERENCES参照先テーブル名 (参照列)
という形式になります。

従って、正解はDです。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

ページトップへ