HOME > 受験対策 > サンプル問題/例題解説 > Silverの例題解説「開発/SQL」 > SQLコマンド(インデックス)

Silverの例題解説「開発/SQL - SQLコマンド(インデックス)」

今回は、Silverの「開発/SQL - SQLコマンド(インデックス)」からの出題です。

例題

インデックスについて間違った説明を1つ選びなさい。
  1. A. 列にPRIMARY KEYの制約をつけると、自動的にインデックスが作成される。
  2. B. 列にUNIQUEの制約をつけると、自動的にインデックスが作成される。
  3. C. 列にNOT NULLの制約をつけると、自動的にインデックスが作成される。
  4. D. 列にUNIQUEの制約がなくても、インデックスをUNIQUEとして作成することができる。
  5. E. デフォルトではB-treeインデックスが作成される。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

インデックスはCREATE INDEXにより作成できますが、PRIMARY KEY、UNIQUEの制約がある列については自動的に作成されます。もしUNIQUE制約のある列にインデックスがないとすると、INSERTやUPDATEの度にテーブルの全件走査をしなければならなくなる、ということの論理的帰結として理解すると良いでしょう。NOT NULLの制約ではこのような問題はありませんから、インデックスが自動作成されたりはしません。
列にUNIQUE制約がなくてもCREATE UNIQUE INDEXとして一意なインデックスを作成することができます。このとき、既存のデータが一意でなければエラーになり、インデックスの作成が失敗します。また、列にUNIQUE制約をつけたのと同じ状態になるため、列が一意でなくなるようなINSERTやUPDATEもエラーになります。
PostgreSQLでは、B-tree、ハッシュ、GiSTなど様々なインデックスをサポートしていますが、CREATE INDEXの実行時に指定しなければ、デフォルトでB-treeのインデックスが作成されます。

誤っているものを選ぶ問題なので、正解はCです。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

ページトップへ