HOME > 受験対策 > サンプル問題/例題解説 > Silverの例題解説「運用管理」 > 基本的な運用管理作業(システム情報関数)

Silverの例題解説「運用管理 - 基本的な運用管理作業(システム情報関数)」

今回は、Silverの「運用管理 - 基本的な運用管理作業(システム情報関数)」からの出題です。

例題

現在のセッションを実行中のユーザ名を取得しようとして、psqlのコマンドプロンプトから
SELECT current_user();
を実行したところ、エラーになった。エラーの原因は何か。
  1. A. current_user() ではなく、session_user() を使わなければならない。
  2. B. current_user() ではなく、user() を使わなければならない。
  3. C. 関数に引数を付けて、SELECT current_user(*); としなければならない。
  4. D. カッコを付けずに、SELECT current_user; としなければならない。
  5. E. コマンド自体には問題がないので、サーバに異常が発生していると考えられる。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

psqlなどのセッションを実行中のユーザを調べるには、システム情報関数のcurrent_user、session_userあるいはuserを用います。通常、これらの結果は同じですが、SET ROLEを実行することで、current_userやuserの結果を変更できます。
これらは関数ではありますが、SQLの構文で特別な扱いを受けており、カッコを付けずに使用します(カッコを付けるとエラーになります)。

従って、正解はDです。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

ページトップへ