HOME > 受験対策 > サンプル問題/例題解説 > Silverの例題解説「運用管理」 > 基本的な運用管理作業(テーブル単位の権限、GRANT/REVOKE)

Silverの例題解説「運用管理 - 基本的な運用管理作業(テーブル単位の権限、GRANT/REVOKE)」

Yahoo!ブックマークに登録

今回は、Silverの「運用管理 - 基本的な運用管理作業(テーブル単位の権限、GRANT/REVOKE)」からの出題です。

例題

GRANTにより付与できる権限として、間違っているものを1つ選びなさい。
  1. A. テーブルの行を検索(SELECT)する権限
  2. B. テーブルの特定の列を更新(UPDATE)する権限
  3. C. テーブルのすべての行を削除(DELETE)する権限
  4. D. テーブルを削除(DROP)する権限
  5. E. テーブルに関する権限を他のユーザに付与(GRANT)する権限

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

テーブルに関する権限のGRANTの一般的な構文は
GRANT 権限種別 ON テーブル名 TO 付与先 [WITH GRANT OPTION]
で、権限種別としてSELECT, INSERT, UPDATE, DELETEなどを指定することで、行の検索、挿入、更新、削除をする権限を付与できます。
また、SELECT/INSERT/UPDATEでは権限種別とONの間に列リストを指定することで、特定の列についてのみ検索、挿入、更新を許可することもできます。
GRANT文の終わりにWITH GRANT OPTIONを指定すると、付与した権限を他のユーザに付与する権限も与えることになります。
DELETE権限があればテーブルのすべての行を削除することができますが、テーブル自体を削除(DROP)するのは、テーブルの所有者に限られ、その権限をGRANTで付与することはできません。

従って、正解はDです。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

ページトップへ