HOME > 受験対策 > サンプル問題/例題解説 > Silverの例題解説「一般知識」 > リレーショナルデータベースに関する一般的知識(データベースの設計と正規化)

Silverの例題解説「一般知識 - リレーショナルデータベースに関する一般的知識(データベースの設計と正規化)」

Yahoo!ブックマークに登録

今回は、Silverの「一般知識 - リレーショナルデータベースに関する一般的知識(データベースの設計と正規化)」からの出題です。

例題

データベースの正規化について最も適切な説明を1つ選びなさい。
  1. A. データサイズを一定にすることでアクセス性能の向上を図る。
  2. B. データ検索パスを標準化することでアクセス性能の向上を図る。
  3. C. データの重複を排除することで、データ保守を容易にする。
  4. D. データの依存関係を単純化することで、データ検索を容易にする。
  5. E. テーブルの構造を標準化することで、データのバックアップを容易にする。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

単に「正規化」と言うと、その対象領域によって目的や意味は様々ですが、「データベースの正規化」とは、データの一元管理のためにデータベース設計で行う手順のことです。

正規化の段階に応じて、非正規形から第1正規形、第2正規形、第3正規形、ボイスコッド正規形、第4正規形、第5正規形までありますが、いずれもデータの重複や冗長性を排除し、データ更新時の整合性を保持しやすくすることを目的としています。

正規化することで、アクセス性能が向上することが多いですが、データサイズも、データ検索パスも正規化とは関係がありません。

正規化のプロセスにおいて、データの依存関係が明らかになりますが、これによって依存関係が単純化するわけでも、検索が容易になるわけでもありません。テーブルの構造やバックアップも正規化とは関係がありません。

データーベースの正規化についての詳細は以下のURLをご覧ください。
OSS-DB入門 第4回 データベースの正規化 : http://www.oss-db.jp/measures/dojo_info_04.shtml"

従って、正解はCです。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

ページトップへ