HOME > 受験対策 > サンプル問題/例題解説 > Silverの例題解説「運用管理 」 > インストール方法(initdbコマンドの使い方)

Silverの例題解説「運用管理 - インストール方法(initdbコマンドの使い方)」

Yahoo!ブックマークに登録

今回は、Silverの「運用管理 - インストール方法(initdbコマンドの使い方)」からの出題です。

例題

initdbコマンドに関する説明として適切なものを3つ選びなさい。
  1. A. Linux/Unixではrootユーザで実行する。
  2. B. 指定のディレクトリにデータベースクラスタが存在していたら、初期化されてしまうので、注意して実行する必要がある。
  3. C. データベースのデフォルトの文字セットが指定できる。
  4. D. データベースのデフォルトのロケールが指定できる。
  5. E. データベースのスーパーユーザのパスワードが設定できる。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

新しいデータベースクラスタを作成するにはinitdbコマンドを使います。作成されるデータベースクラスタにはinitdbを実行したユーザのみがアクセス権を持つようになるため、データベースの管理者となるユーザが実行しなければなりませんが、rootユーザで実行することはできません(実行しようとしても拒絶されます)。

データベースクラスタは -Dオプション、--pgdataオプション、あるいはPGDATA環境変数で指定したディレクトリに作成されます。指定のディレクトリが存在しなければ作成されますが、ディレクトリが既存の場合は、中身が空である必要があります。ファイルが1つでも存在したらエラーになります。
データベースのデフォルトの文字セットは-Eオプションまたは--encodingオプション、デフォルトのロケールは--localeオプションで指定します。

--pwfileオプションにより、スーパーユーザのパスワードが記述されたファイルを指定する、または、-Wオプション、--pwpromptオプションによりスーパーユーザのパスワードを入力させて設定することができます。

従って、正解はC,D,Eです。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

ページトップへ