HOME > 受験対策 > サンプル問題/例題解説 > Silverの例題解説「運用管理」 > インストール方法(データベースクラスタの概念と構造)

Silverの例題解説「運用管理 - インストール方法(データベースクラスタの概念と構造)」

Yahoo!ブックマークに登録

今回は、Silverの「運用管理 - インストール方法(データベースクラスタの概念と構造)」からの出題です。

例題

PostgreSQLのデータベースクラスタについて、適切な説明を2つ選びなさい。
  1. A. デフォルトでは、template0とpostgresの2つのデータベースが存在している。
  2. B. デフォルトでは、template0とtemplate1の2つのデータベースが存在している。
  3. C. デフォルトでは、template0とtemplate1とpostgresの3つのデータベースが存在している。
  4. D. データベースtemplate0は削除できない。
  5. E. データベースpostgresは削除できない。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

initdbコマンドでデータベースクラスタを作成すると、その中にはtemplate0、template1という2つのテンプレートデータベースと、postgresという通常のデータベースの合わせて3つのデータベースが作成されます。

createdbコマンド、あるいはSQLのCREATE DATABASE文でデータベースを作成する時、デフォルトではtemplate1のコピーが作成されますが、オプションにより、template0など、他のデータベースを指定することが可能です。

template0はシステムの標準オブジェクトのみが含まれる読み取り専用のデータベースで、削除することができません。template1は必要に応じて書き込みが可能で、またデータベース自体を削除(DROP DATABASE)することも可能です。

postgresはデフォルトで存在する通常のデータベースで、その存在を前提とするサードパーティ製品がいくつかありますが、やはり、削除してもシステムとしては問題ありません。

従って、正解はCとDです。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

ページトップへ