HOME > プレスリリース > LPI-Japanが、オープンソースデータベース技術者認定試験を開始 〜OSS-DBの拡大に向け、高度な知識と技術を持ったOSS-DB技術者の認定〜

LPI-Japanが、オープンソースデータベース技術者認定試験を開始
〜OSS-DBの拡大に向け、高度な知識と技術を持ったOSS-DB技術者の認定〜

プレスリリースUpdate:2011.06.08
Yahoo!ブックマークに登録

 Linux技術者認定機関として「LPIC」を実施する特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan、理事長:成井 弦、www.lpi.or.jp)は、2011年7月1日(金)より、オープンソースデータベース技術者認定試験(以下、本試験と略す ※1)の配信を開始いたします。
 なお、受験予約(※2)はピアソンVUEにて本日6月8日(水)より受付開始となります。

 近年、オープンソースデータベース(以下 OSS-DBと略す)の高性能化、信頼性の向上により、機能・性能・コストといった要求に合わせて適切なデータベースマネジメントシステムを選択する時代となりました。その中で基幹システム、業務システムを中心に、OSS-DBの採用が拡大しています。しかし、その一方で高度な知識と技術を有したOSS-DB技術者が不足しているのが現状であり、OSS-DB技術者の育成は急務となっています。そのようなIT業界のニーズを対応するため、LPI-Japanは本試験を開発し、7月より試験を実施することとなりました。

 本認定プログラムはOSS-DBに関する基本的な知識を問う「Silver」と、応用レベルの「Gold」の二つのレベルの試験から構成されます。

【認定試験名称】
●試験名:オープンソースデータベース技術者認定試験 Silver / Gold(OSS-DB Exam Silver / Gold)
●認定名:オープンソースデータベース技術者認定資格 Silver / Gold(OSS-DB Silver / Gold)

 本試験の目的は、OSS-DBを活用したデータベース管理システムの設計、構築、運用、開発に関する体系だった知識と次のような技術要件のスキルを備えたOSS-DB技術者を認定するものです。
 なお、各レベルにおけるスキルレベルは、後述の資格/試験体系をご参照ください。

  1. 1) OSS-DBの特徴を理解し、要求に合わせて適切なRDBMSを選択できる技術者
  2. 2) OSS-DBを使って、システムの設計、導入、開発、運用をすることのできる技術者
  3. 3) スケールアウト可能な大規模システムをOSS-DBにより構築できる技術者
  4. 4) ミッションクリティカルシステムにおけるOSS-DBの運用(パフォーマンスチューニング、トラブルシューティングなど)ができる技術者

 本試験はLPI-Japanが、Linux技術者認定試験において長年培ったノウハウを活用しながら「OSS-DBの有用性を活かし、最適なデータベースシステムの設計・構築・運用・管理をできる技術者が欲しい」等の、IT関連企業が抱える人材育成への要望に応えるものです。本試験の実施を通じLPI-Japanは日本のIT業界におけるOSS-DBビジネスの拡大に寄与する活動を更に展開していきます。
 なお、初年度の受験者数は1,000名を目標としています。

※1  OSS-DB技術者認定試験について
詳細はWebをご参照ください。
URL  www.oss-db.jp

※2 受験方法について
・受験予約の方法に関しましてはOSS-DB技術者認定試験ホームページの受験申込み方法をご参照ください。
 http://www.oss-db.jp/testapp/registration.shtml
・既にLPI-IDをお持ちの方は試験代行会社よりお申込ください。
 ピアソンVUE社 http://www.pearsonvue.com/japan/IT/oss-db_index.html

オープンソースデータベース技術者認定試験 資格/試験体系

OSS-DB Exam / Silver 出題範囲OSS-DB Exam / Gold 出題範囲

ITSS Level 1-2相当 / ベーシックレベルITSS Level 3-4相当 / アドバンスレベル

PDF版のプレスリリースはこちら

関連リリース

ピアソンVUE
オープンソースデータベース(OSS-DB)技術者認定試験・配信開始のご案内
OSS-DB リリースのお知らせ

登録商標

Linux Professional Institute Japan及びLPI-Japan は、特定非営利活動法人 エルピーアイジャパンの登録商標です。
Linux はLinus Torvalds の登録商標です。
文中に記載されているその他すべての商標は、それぞれの所有者に所有権が属しています。

本リリースのお問い合わせ先

LPI-Japan事務局
電話番号
FAX番号
03-3261-3660
03-3261-3661
URL http://www.lpi.or.jp/
E-mail press@lpi.or.jp

LPI-Japanについて

LPI-Japanは、日本での OSS/Linuxの技術力認定試験の普及とOSS/Linux技術者の育成のため、2000年7月に設立されたNPO法人です。
LPI-Japanは、Linux技術者の技術力の認定制度「LPIC」などのIT技術者の技術力の認定制度を中立公正な立場で公平かつ厳正に運営することを通じて、日本におけるOSS/Linux技術者の育成、さらにはOSS/Linuxビジネスの促進に寄与する活動を展開しています。

LPI-Japanの概要

法人名 特定非営利活動法人 エルピーアイジャパン
所在地 〒102-0082 東京都千代田区一番町15 一番町コート6F
連絡先 TEL:03-3261-3660、FAX:03-3261-3661、e-mail:info@lpi.or.jp
設立 2000年(平成12年)7月28日
業務内容 OSS/Linuxの普及・推進、OSS/Linuxに関する技術者認定試験の実施と認定
役員 理事長 成井 弦
理事 高橋 千恵子
鈴木 敦夫
鈴木 友峰
福地 正夫
中野 正彦
丸茂 晴晃
池田 秀一
監事 寺本 振透
LPI-Japan プラチナ・スポンサー企業名 株式会社アイエスエフネット
NECソフト株式会社
株式会社ケンソフト
株式会社コンピュータマネジメント
株式会社ソルクレオ
ターボリナックス株式会社
株式会社デージーネット
日本SGI株式会社
日本電気株式会社
株式会社ピーエイ
株式会社日立製作所
富士通株式会社
ミラクル・リナックス株式会社
株式会社リーディング・エッジ社
リナックスアカデミー
株式会社リンク

以上16社。(2011年6月8日現在)
※五十音順
LPI-Japan OSS-DBアカデミック認定校 株式会社リナックスアカデミー
SRA OSS, Inc. 日本支社

以上2社。(2011年6月8日現在)
※加入順

ページトップへ