HOME > プレスリリース > エンタープライズ領域へのオープンソースデータベースPostgreSQLの普及を推進する 「PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム」の初年度活動成果の公開

エンタープライズ領域へのオープンソースデータベースPostgreSQLの普及を推進する
「PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム」の初年度活動成果の公開

プレスリリースUpdate:2013.04.16
Yahoo!ブックマークに登録

PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム

 2012年4月にエンタープライズ領域へのオープンソースデータベース「PostgreSQL」の普及推進を目的に10社の発起人企業*で発足した「PostgreSQL エンタープライズ・コンソーシアム(略称:PGECons)」では、初年度となる2012年度の活動成果を4月22日に公開し、同日、活動成果発表会を開催することを発表します。

 幅広いPostgreSQLの導入実績を持つ発起人企業10社により活動を開始したPGEConsは、昨年4月の発足以来、正会員16社*、一般会員23社*まで会員企業が増加しています。PGEConsの主な活動母体となる技術部会は、現在PostgreSQLの性能について検証などを行う「性能ワーキンググループ(Working Group:WG)」と設計や運用について検討などを行う「設計運用WG」の2グループにて活動中ですが、4月22日 の11:00 にPGECons のWebサイト(http://www.pgecons.org/)上で、この2つのWGの2012年度活動成果ドキュメントをCreative Commons として公開し、PostgreSQLをエンタープライズ領域で活用する企業向けに情報提供を開始します。また、同日、2012年度活動成果発表会としてセミナーを開催し、2012年度活動成果の詳細報告や、2013年度の年間活動計画について発表します。なお、本セミナーは6月7日に大阪でも開催します。

*発起人企業および正会員、一般会員については下記の「PGECons正会員および一般会員一覧 (2013年4月16日現在)」をご参照ください。

■Webサイト

http://www.pgecons.org/

■2012年度活動成果物

WG1

80コアサーバを使ったPostgreSQL 9.2のスケールアップ性能と、pgpool-IIやカスケードレプリケーション、Postgres-XCの3つのスケールアウト性能についての検証結果

WG2

異種DBMSからPostgreSQLへの移行を検応討する際に留意すべき事項や、難易度判断、調査方法などの項目について策定した14テーマのうち11テーマのガイドライン

■第4回PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアムセミナー 〜2012年度活動成果発表会〜

日時:
2013 年 4 月 22 日 (月)
セミナー:
15:00 〜 17:50 (14:30 受付開始)
情報交換会:
18:00 〜 20:00
会場:
日本ヒューレット・パッカード株式会社 (本社 8F River South)
申込URL:
https://www.pgecons.org/2013/04/22/1945/

■第5回PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアムセミナー 〜2012年度活動成果発表会〜

日時:
2013 年 6月 7 日 (金)
セミナー:
14:00 〜 17:50 (13:30 受付開始)
情報交換会:
18:00 〜 20:00
会場:
株式会社アシスト 西日本支社 (グランフロント大阪タワーA 13F)
申込URL:
https://www.pgecons.org/2013/06/07/2166/

■PGECons正会員および一般会員一覧 (2013年4月16日現在)

正会員 (16社)(社名50音順)

株式会社アイ・アイ・エム
株式会社アシスト (共同発起人)
SRA OSS, Inc. 日本支社 (共同発起人)
NECソフト株式会社 (共同発起人)
NTTソフトウェア株式会社
特定非営利活動法人LPI-Japan
クオリカ株式会社
サイオステクノロジー株式会社
TIS株式会社
日本電気株式会社 (共同発起人)
日本電信電話株式会社 (共同発起人)
日本ヒューレット・パッカード株式会社 (共同発起人)
株式会社日立製作所 (共同発起人)
株式会社日立ソリューションズ (共同発起人)
富士通株式会社 (共同発起人)
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ (共同発起人)

一般会員 (23社)(社名50音順)

株式会社アイ・ティ・プロデュース、株式会社インフォメーションクリエーティブ、株式会社エクサ、SFKメディカル株式会社、株式会社エニプラ、株式会社エム・オー・エム・テクノロジー、エンタープライズDB株式会社、株式会社オンザマーク、関電システムソリューションズ株式会社、キーウェアソリューションズ株式会社、ジャパンシステム株式会社、住友電気工業株式会社、住友電工情報システム株式会社、株式会社中電シーティーアイ、株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジー、株式会社ニイズ、日本アイ・ビー・エム株式会社、株式会社フィックスターズ、フューチャーアーキテクト株式会社、株式会社マインド、株式会社メトロシステムズ、ヤマハモーターソリューション株式会社、ローリーコンサルティング株式会社

PDF版のプレスリリースはこちら

登録商標

Linux Professional Institute Japan及びLPI-Japan は、特定非営利活動法人 エルピーアイジャパンの登録商標です。
Linux はLinus Torvalds の登録商標です。
文中に記載されているその他すべての商標は、それぞれの所有者に所有権が属しています。

※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

※ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い合わせなどは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

報道関係お問い合わせ

特定非営利活動法人エルピーアイジャパン
電話番号
FAX番号
03-3568-4482
03-3568-4483
URL http://www.lpi.or.jp/
E-mail press@lpi.or.jp

LPI-Japanについて

LPI-Japanは、日本での OSS/Linuxの技術力認定試験の普及とOSS/Linux技術者の育成のため、2000年7月に設立されたNPO法人です。
LPI-Japanは、Linux技術者の技術力の認定制度「LPIC」などのIT技術者の技術力の認定制度を中立公正な立場で公平かつ厳正に運営することを通じて、日本におけるOSS/Linux技術者の育成、さらにはOSS/Linuxビジネスの促進に寄与する活動を展開しています。

LPI-Japanの概要

法人名 特定非営利活動法人 エルピーアイジャパン
所在地 〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-91CR神谷町ビル7F
連絡先 TEL:03-3568-4482、FAX:03-3568-4483、e-mail:info@lpi.or.jp
設立 2000年(平成12年)7月28日
業務内容 OSS/Linuxの普及・推進、OSS/Linux技術者認定試験の実施と認定
役員 理事長 成井 弦
理事
(所属企業名五十音順)
鈴木 敦夫 NECソフト株式会社
高橋 千恵子 日本電気株式会社
鈴木 友峰 株式会社日立製作所
橋本 尚 株式会社日立製作所
福地 正夫 富士通株式会社
中野 正彦 ミラクル・リナックス株式会社
丸茂 晴晃 横河電機株式会社
池田 秀一
監事
寺本 振透 九州大学 大学院法学研究院教授
LPI-Japan プラチナ・スポンサー企業名 株式会社アイエスエフネット
株式会社アウトソーシング・システム・コンサルティング
NECソフト株式会社
株式会社エンベックス
株式会社ケンソフト
株式会社コンピュータマネジメント
株式会社ゼウス・エンタープライズ
株式会社ソルクレオ
ターボリナックス株式会社
株式会社デージーネット
日本SGI株式会社
日本電気株式会社
株式会社ピーエイ
株式会社日立製作所
富士通株式会社
ミラクル・リナックス株式会社
株式会社リーディング・エッジ社
リナックスアカデミー
株式会社リンク

以上19社。(2013年4月16日現在)
※五十音順
LPI-Japan OSS-DBアカデミック認定校 株式会社リナックスアカデミー
SRA OSS, Inc. 日本支社
株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジー
株式会社ゼウス・エンタープライズ技術開発センター
NECラーニング株式会社
株式会社NGN-SF
学校法人電子学園 日本電子専門学校
株式会社アシスト
NTTソフトウェア株式会社
ITスクールAixZ
カチシステムプロダクツ株式会社
ナガセキャリアセンター

以上12社。(2013年4月16日現在)
※加入順

ページトップへ