HOME > 試験概要

試験概要

Yahoo!ブックマークに登録

オープンソースデータベース技術者認定資格(OSS-DB技術者認定資格)とは

特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)が、オープンソースデータベース(OSS-DB)に関する技術力と知識を、公平かつ厳正に、中立的な立場で認定するIT技術者認定資格です。

本試験はOSS-DBのなかでも、特に商用データベースとの連携に優れ、エンタープライズ・システムでも多く活用されている「PostgreSQL 9.0以上」を基準のRDBMSとして採用しています。
(※)2016年現在、9.4まで対応しております。

本認定制度には「Silver」と「Gold」の二つのレベルがあり、それぞれ以下のスキルを備えているIT技術者であることを認定します。

OSS-DB OSS-DB Gold
大規模データベースシステムの改善・運用管理・コンサルティングができる技術者
OSS-DB Silver
データベースシステムの設計・開発・導入・運用ができる技術者
認定名
  • OSS-DB Silver/Gold
  • オープンソースデータベース技術者認定資格 Silver/Gold
  • OSS-DB技術者認定資格 Silver/Gold
  • Open Source Software Database Professional Certification Silver/Gold
試験名
  • OSS-DB Exam Silver/Gold
  • オープンソースデータベース技術者認定試験 Silver/Gold
  • OSS-DB技術者認定試験 Silver/Gold
  • Open Source Software Database Professional Certification Exam Silver/Gold

認定体系

OSS-DB Gold
  • 認定条件:OSS-DB Exam Goldに合格し、かつ有意なOSS-DB Silverを保有していること
  • 認定有意性の期限:5年間
OSS-DB Gold & OSS-DB Silver
OSS-DB Silver
  • 認定条件:OSS-DB Exam Silverに合格すること
  • 認定有意性の期限:5年間

出題構成

OSS-DB Gold
運用管理30%
性能監視30%
パフォーマンスチューニング20%
障害対応20%
OSS-DB Silver
一般知識16%
運用管理52%
開発/SQL32%

ページトップへ